上澤梅太郎商店

上澤梅太郎商店

日光みそのたまり漬・上澤梅太郎商店

毎日いただく、なんでもない日の食卓

世界遺産、日光の寺社仏閣から南に約10km。

上澤梅太郎商店は、この場所で、400年前に創業しました。

日光連山からの豊富な雪解け水と、寒暖の差の大きい気候に恵まれて、

このまちでは今でも醸造が盛んです。

ごはん、味噌汁、漬物。

シンプルだからこそ、毎日たべておいしい。

贅沢ではないかもしれないけれど、豊かな朝食を、

日光から、あなたへ。

伝統家屋でいただく、なんでもない日の食卓。

日光 朝食

12月24日 (日) 9:30

開催予定の Pop-Up 8件

これまでの Pop-Up 5件

みんなのレビュー 6件

MUTSUKO

2017.11.20

キッチハイク初参加でしたが、「ここは本物!」と感じて飲み仲間5名で参加させていただきました。
大正解っ!
こだわりのある友人たちにも満足してもらいました。

ゆったりと豊かな素晴らしい時間、またご家族、お店の従業員の方々にもありがとうございます。
心に残る大切な時間になりました。
四季ごとにお伺いしたい素敵なお家と朝食です。

ありがとうございました。




なつ江

2017.09.24

1日の始まりを豊かに過ごす、素敵な朝食。

身体が喜び、今日も頑張ろう!と元気が出る。
心が喜び、今日も一生懸命に働こう!と元気が出る。

そんな自分に感謝、周りにも感謝の気持ちがわいてくる。

幸せな朝食です。

ぜひ大切な誰かとどうぞ。



俊介

2017.08.28

創業四百年の醸造元、日光今市たまり漬けの名店、上澤梅太郎商店の明治時代に建てられた隠居の建屋で、月に一回だけ催される、「なんでもない、ふつうの朝食会」を、91歳の母と女房を伴い、訪れてきました。 キッチンオーナーのYUKIさん、実は佑基さんとお書きする上澤商店の若旦那さんです。 佑基さん自らがお母様と一緒に作られる朝食、そしてお味噌汁(元祖お味噌屋さんなのでこちらがメインディッシュ?)の出汁は商店社長のお父様が引かれる、ご家族のいつもの朝食をご相伴させていただきました。

ピーラーで繊細に削いだごぼうと人参のきんぴらに酢の物で始まり、たまり醤油でいただく湯葉のお刺身と焼き茄子、なめこのたまり炊きと合わせた卵とじに、メインはトマトとオクラの味噌汁。 どれもおいしく、土鍋炊きのごはんも、お代わりをいただきました。 佑基さんのお父様曰く、「朝食のおかずはお酒に合う」とのことで、日光の地酒が添えられているのも、嬉しい限りです。 デザートには庭で採れた梅のシロップときな粉をかけた天然氷のかき氷。 庭の落ち着いた佇まいと相俟って、とても贅沢な日曜日の朝を過ごしました。

もっと見る