HERB GROOVE by RATNA

たのしく、おいしく、ここちよく♡

Yukieです♡

インドやスリランカがルーツの伝統医学
「アーユルヴェーダ」のセラピストとして
活動すること10年目。

主にボディトリートメントを提供する傍らで、
スパイスやハーブを使った
さまざまなホームケア(セルフケア)を
お伝えしてきました。

それは「食」についても同じく。

医食同源をうたうアーユルヴェーダの…
食にまつわる理論と伝統。
その懐の深さに信頼を置きながらも、
個人的には“イイトコドリ”に落ち着いて。

好きなものを、好きなひとと、
好きなところで、好きなように、
食べるのが幸せです。

キーワードは
\楽しさ・美味しさ・心地よさ/

そのエッセンスを共有するべく、
無理なくリラックスしたつながりを
ゆるやかに育んでいけたらと。
そう、願っています♡

みんなが投稿した写真 23枚

みんなのレビュー 10件

Takashi

2018.05.23

当方、スパイスカレーについては、他所で少しばかり学んできましたが、より研鑽を深めたいという目的で、今回参加させていただきました。

比較的大雑把な性格の人が多いというインド人でも、この過程だけはうるさく、特にこだわっているということ、同じインドでも北と南では、作るカレーの特色もまったく異なっているということ等々、実際に現地でカレーの作り方を学ばれていたという、Yukieさんならではの、さまざまな興味深いお話を聞かせていただきました。

自分にとって特に大きな学びとなったことは、途中の過程で「オーセンティックチキンカレー」と、「 ◎◎◎チキンカレー」とを作り分けられるのだ、ということ。
両者はそもそも始めから作り方が違っていて、どちらかしか作ることはできないと思い込んでいたので、思いがけない発見でした。

家でも再現してみましたので、写真アップさせていただきます。
2種類あると、飽きが来ないのがいいですね。
なお、「ポリヤル」は材料買うのを失念したので、作れていません。。

Hanae

2018.05.18

インドカレーは大好きだけど食べる専門だったので、本格的にスパイスを使ったカレーを作ってみたくて参加しました。
一つのベースから2種類に仕上げたチキンカレーとキャベツのポリヤル、カレーの試食中に淹れてくださったスパイシーなマサラティー、美味しかったです!いろいろと応用ができそうなカレーベースとポリヤルの作り方、スパイスの使い方や北インドと南インド料理のちがいなど、ささいな質問も拾ってくださって、とても勉強になりました。
スパイスやインド料理好きにはたまらないpop-upでした、ありがとうございました!

亜里沙

2018.05.16

スパイスから作るカレーって、とても難しいんじゃ?と思ってましたが、とてもシンプルで「これならおうちで出来そう!」と思えました😊

ゆきえさんが、スパイスやハーブ、体にいいこと、についてとても詳しいので、料理をしながら色々と勉強にもなりました。

出来上がったカレーは…
もちろん絶品でした😊💓

もっと見る

自己紹介

料理をはじめたきっかけは?

お料理そのものの原風景は、料理好き&料理上手の母にあります。シンプルな日本の家庭料理で育ててもらったなぁと…それで、作ること自体はその延長線上にあったので、正直キッカケらしいキッカケはなく。自然な流れです。

得意な料理のジャンルと魅力を教えてください

スパイス&ハーブだの、インド料理だの、騒いでおいてナンですが(笑)、プライベートで日々作るのは“和食の”一汁三菜です。なにせ食事とは毎日のこと、胃腸にやさしく&飽きのこない「家庭料理」がイチバン。だからPop-Upで提供するものも基本は家庭料理です。

ふだんはどんなお仕事をされているんでしょうか?

インドやスリランカがルーツの伝統医学・アーユルヴェーダの、セラピスト、講師、オーガナイザーとして。トリートメント(施術)や講座・ワークショップ、イベントオーガナイズ、などなど…さまざまな立場を楽しんでいます♪

どんなHIKERさんに食べに来てもらいたいですか?

KitchHikeをチェックされるくらいだから、食いしん坊には違いないですよね。それに加えて、好奇心旺盛なヒト…味の冒険家?(笑)

今後は、どんな料理やワークショップを予定していますか?

インド料理をお店で食べると、定食形式のミールスやターリーが定番なんですけど。あれをきっちりクラスでやろうとすると、正直ちょっと忙しい。(笑)なので、はじめはゆったりのんびり「一品入魂」か「一汁一菜」くらいの内容で行くつもりです。

ズバリ!好きな料理/食べ物とその理由を教えてください

すじこ、と、イクラ。理由は特にありませぬ。好きだから。お寿司を食べるに、両者の軍艦巻きはなかなか欠かせないーーー

最後に、食べに来るHIKERさんに一言!

ほんとうは特別な理由なんて要らないのだと思ってます。何となく気になって、何となく日が合って、何となく食べてみたい、それだけで十分◎偶然がもたらす出逢いを楽しみにしています。