岡野延弘

4年間の修行期間を経て三ツ星レストランにて料理人として腕を振るってきました。(当時世界最高と言われたフレンチ巨匠ベルナール・ロワゾー氏から学ぶ)
野菜のソムリエや、某大手コーヒーチェーンのフラペチーノの開発し、食品メーカーや、企業へのコンサルティングはもちろんオリンピックアスリートや、モデルのパーソナルフードトレーナーも行ってきました。

野菜が苦手だったアスリートも食材から栄養素を取れるようになったり、彼らの子供たちもその調理法でつくられた離乳食で育ったため野菜を美味しく食べる子に育っています。

ご紹介するのは動物性の出汁なども極力使わず、塩や調理時の油さえも必要最低限に抑えて、食材そのものの味を最大限引き出す内容となっております。

みんなが投稿した写真 4枚