3/25 (土) 11:00 東京 上野

  • Anna
  • Nophoto
  • Kazuyo
  • Nophoto
  • Nophoto
あと 1 名
終了しました
一覧へ戻る

Uzb上野 × ウズベキスタン

ウズベキスタンの家庭料理―ピーマンの肉詰めと平焼きパン

Asako
Asakoさん Uzbウズベキスタン 上野駅(JR・銀座線・日比谷線) / 台東区 タグ: #kitchhikeキッチン #みんなのキッチン #家庭料理 #ウズベキスタン #asako #中央アジア #3月
  • Badge blank
  • Badge reviews23DISHES
  • Badge officialcookOFFICIAL
    COOK

これはどんな料理?

ウズベキスタンの家庭料理のガルプツィ(ピーマンの肉詰め)とノン(平焼きパン)を作ります。ウズベキスタンをよく知らない方、大歓迎です!料理を一緒に食べて、胃袋でウズベキスタンを体験しましょう。

<メニュー>

●ガルプツィ (ピーマンの肉詰め)

野菜をたっぷり使って、スープ仕立てのウズベク風ピーマンの肉詰めを作ります。味付けは塩とクミンだけでとてもシンプルですが、野菜そのものの旨みが活かされた優しい家庭の味をお楽しみ頂けます。羊肉ではなく、牛肉を使いますので、羊肉が苦手な方も大丈夫です。

●ノン (平焼きパン)

ウズベキスタンで食べられるナンブレッドのような平焼きパンを作ります。チェキチと呼ばれるノン専用のスタンプを使って、パンに美しい模様をつけて焼きます。スプーンや指を使った模様の付け方もお教えします。

●ドライフルーツとナッツ

ドライフルーツとナッツは、ウズベキスタンの定番の食後のデザートです。今回はイチジクとアーモンドをご用意します。

●チャイ

ウズベキスタンのティーセットを使って、ゆっくりお話をしながら飲みましょう。ウズベキスタンのお茶の淹れ方も実演します。


ウズベキスタン料理は時間がかかるものや難易度が高いものが多いですが、今回は比較的簡単で短時間で作れるものをメニューに選びました。
一緒にウズベキスタン料理を食べて、少しでもウズベキスタンに興味を持っていただけたら嬉しいです!皆さんといろんなお話をしながら作って、食べて、飲んで、楽しく交流できることを楽しみにしています。

<開催場所>

東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG. 4F
https://goo.gl/maps/6cUngxJEHh22

当日の流れ

待ち合わせ 予約画面に表示された地図・住所へ向かいましょう。COOKによっては、直接に会場へではなく、駅前など指定される場合もあります。 食材の準備 もし、事前のお買い物や準備に興味があれば、COOKに聞いてみましょう。 クッキング 料理を手伝いたい人は教えてね!料理教室の場合は、ここから本番スタート! KitchHike! おいしい料理をいただきます!食文化や料理の話、COOKが料理に込める想いなど、話すことは盛りだくさん! ごちそうさま&レビュー お腹いっぱい楽しめましたか?後でレビューを書くのも忘れずに!

COOKの紹介

Asako
Asakoさん Uzb 日本
  • Badge blank
  • Badge reviews23DISHES
  • Badge officialcookOFFICIAL
    COOK
こんにちは。Asakoです。中央アジアの料理が好きです。

◇中央アジアとは◇
中央アジアは、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタンの5カ国とその隣接した地域を指します。シルクロードの交易によって繁栄した地域です。

◇中央アジア料理とは◇
中央アジア料理の最大の魅力は、様々な文化圏の影響を受けながら発展したその独自性です。西から伝わった食文化、シルクロードの交易で伝わった中国料理、ペルシャから伝わった食文化、イスラームから影響の受けた料理、ロシアからの影響など、多種多様な食文化が混在しており、まさに文化の交差点・シルクロードを感じさせる料理なのです!
中央アジア料理の代表に「プロフ」と呼ばれる炊き込みご飯がありますが、実はこれはトルコに渡り「ピラウ」と名前が変わり、フランスに伝わって「ピラフ」となりました。日本人にも馴染みのあるピラフのルーツが中央アジアにあるというのは、意外なのではないでしょうか。
他にも興味深い中央アジア料理がありますが、百聞は一食に如かず!まずは一緒に中央アジアを食べましょう!

◇活動履歴◇
Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」の会長。
https://www.facebook.com/groups/1543189439303932/?ref=bookmarks

ブログ「Asalhonの本格ウズベキスタン料理・レシピ」を更新中。
http://fanblogs.jp/uzbekistancooking/

料理をはじめたきっかけは?

ウズベク人の友人の結婚式に参加するためウズベキスタンへ飛び、そこで食べた料理のあまりのおいしさに感銘を受け、中央アジアの料理にはまりました。その1年後、再びウズベキスタンを訪問し、言葉があまり通じない中、ウズベク人の家庭でホームステイをしながら、ひたすら色々な料理の作り方を教わりました。

得意な料理のジャンルと魅力を教えてください

中央アジア料理が得意です。中央アジア料理は、トルコ料理に似ているけど香辛料がきつくない、中華料理にも見えるけど辛くない、どこかエキゾチックだけど、なぜか日本人の口に合う不思議な料理、それが中央アジア料理の魅力です。

ふだんはどんなお仕事をされているんでしょうか?

自動車業界で営業の仕事をしています。よく人から「営業っぽくない」と言われます笑 でも日々誇りをもって仕事をしています。

どんなHIKERさんに食べに来てもらいたいですか?

好奇心旺盛な人、面白い経験をしている人、食べること・話すことが好きな人、偏見のない人などなど、誰でも歓迎します!中央アジアに行ったことない人も、もちろん大歓迎です!

今後は、どんな料理やワークショップを予定していますか?

本格的な中央アジア料理を作ろうとすると、朝作りはじめたら食べれるのが夕方なので(笑)、なるべく普段家でも手軽に作れるものをご紹介したいです。私のPop-Upを通して、少しでも中央アジアに興味をもって頂けたら嬉しいです。

料理や食を通して、達成したい夢や野望はありますか?

たくさんの方に中央アジア料理を好きになってもらって、KitchHike内で中央アジア旋風を巻き起こしたいです笑

レビュー(14)

  • Nophoto
    Mamikoさん 2017-04 今回ははじめてKitchHikeに参加させていただきましたが、アットホームな雰囲気のなかわかりやすく教えていただき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。プロフが電子レンジで作れるなんて思いもしませんでしたが、すごく簡単に美味しくできたのでびっくりしたとともに、サラダと一緒に食べるとあんなに美味しいのかと驚愕しました。ピーナッツのお菓子も美味しかったです。また機会がありましたら参加させていただきたいと思います。このたびはありがとうございました。
  • Atsukuni
    atsukuniさん 2017-04 asakoさんの会ははじめてでしたが、中央アジアの旅で食べたプロフの作り方、しかも時間短縮でできるということで興味を持ってまいりました。メニューはおつまみ、お菓子にあたるものとサラダ、そしてプロフ。作る順番や作業行程、行程でのポイントになるところの説明は急かされる感じはないのに、無駄なく効率よく、入りやすく教えていただき、お茶や会話も挟んでいるのに、作業はきっちり予定時間でおわった。流石!プロフですが、中央アジア現地で見た様な大きい鍋釜で作られたわけではないのに、ガッツリ味は再現されてました。噛み締めて味わいのある美味しいプロフでした。 今度はラグマンの会に参加させていただこうと思います。良い時間を過ごさせていただきありがとうございました!
  • Nophoto
    YOSHIKOさん 2017-04 前回とても簡単で美味しかったので今回もきっと美味しいに違いない!そう思って申し込みさせていただきました。時短プロフとありましたし。参加された皆さんともとても和気あいあいと楽しく調理してましたらあっという間に出来上がってました。始めにお手本で一通りAsakoさんが作って見せてくれるのでとてもわかりやすいですし。プロフは油が結構入ってるけどサラダのおかげであっさりとても美味しくいただけました。機会があればまた参加したいです。
  • Megumi
    Megumiさん 2017-04 当日の参加もレビュー投稿も遅くなってすみません(汗) こともあろうか、日にちをまちがえるというポカをしでかしてしまってだいぶ遅れての参加となってしまったた私に対し、cookのAsakoさんはにこやかな笑顔で歓迎してくださいました。 その後、その笑顔の裏に仕掛けがあることがわかりましたw 数々の手の込んだお料理と仕掛けありがとうございました。 Asakoさんのお人柄にますます惚れ込みました。 中央アジアのお料理の興味のある方はもちろん、世界の文化に興味のある方、是非参加なさってください。
  • Masahiro
    Masahiroさん 2017-04 中央アジア料理研究家のAsakoさんによるウズベク料理と珍しいウズベクワインを味わう贅沢な会でした。 中央アジアの料理はシンプルな味付けですが、どの料理も時間をかけて作られて素材の味が生きてくるものです。 ウズベキスタンの家庭料理は日本ではなかなか味わうことが難しいですが、Asakoさんの鮮やかな手さばきで楽しむことができました。まだまだ珍しいウズベキスタンを始めとする中央アジアの料理を多くの方に味わってほしいと思います。
  • Kentaro
    Kentaroさん 2017-04 中央アジアのお料理に関心があって参加致しました。 お料理はどれも美味しいのですが,ノン(パン)やプロフ(炊き込みご飯)が「よそではまず食べられない」という意味で注目でしょうね。 お料理を手掛けるAsakoさんは素晴らしい腕をお持ちなだけでなくお茶目な方で,ちょっとした冗談も用意されているかもしれませんよ(^^♪ 大変美味しいお料理と愉しい雰囲気で,常連の人はもちろん,初参加の方も気持ち良く参加されると思っております(@^^)/~~~
  • Nophoto
    KitchHike Userさん 2017-03 趣旨を理解しない中でもご対応頂きましてありがとうございました。 他国の料理は、その国に行くか、もしくはそのお店に行くかと言う選択肢くらいしかない中で、今までは若干敷居が高い印象が強かったのですが、この様なお手軽なイベント形式で開催して機会を提供頂けると楽に参加できてとてもありがたいと思います。 そして、料理をする事の手間などを今回は改めて実感する事も出来、作ってもらえる事に対する感謝の気持ちが今までよりも少しだけ大きくなった印象でもありました。 定期的に空き時間等でキッチハイクのイベントは参加させてもらおうと考えておりますので、またタイミングが合いました際には宜しくお願いいたします。
  • Kazuyo
    Kazuyoさん 2017-03 今まで私の中で中央アジア料理は「現地で食べる」か「日本の専門店で食べる」という選択肢しかありませんでした。前回プロフ作りに参加させていただいて、「自分でこんなに美味しく作ることができるんだ!」と驚き、今回も参加を決めました。以前ウイグルに行ったことがあるのですが、そこでも食べられているノンを作れるとのことでワクワク...。思ったよりもシンプルな材料と手順で料理があまり得意ではない私でも挑戦出来ました。Asakoさんのお手本を見ながら、ノンを指やスプーン、専用の器具を使って模様付けしました。今まで完成して売っている物しか見たことなかったのでどのように作っているか見ることができて良かったです。 ウズベク風ピーマンの肉詰めは塩とクミンでの味付けと野菜の甘味で優しいお味でした。中に詰めるひき肉や野菜の具の中にお米も入っていました。Asakoさんのお話の通り、お米が入ると柔らかくふわふわな食感になりました。 出来上がってからの皆さんでの試食はお話も弾んで楽しい時間となりました!たっぷりの肉詰めと塩味のきいたノンの相性はピッタリでした。途中で焼き上がった皆さんで作ったノンは柔らかく香ばしくて美味しかったです。 優しい味のウズベキスタンの家庭料理からはAsakoさんの中央アジア料理愛が伝わってきました! 中央アジア料理が好きな方、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
  • Nophoto
    YOSHIKOさん 2017-03 知り合いが中央アジア料理って美味しいのよと紹介してくれたのがきっかけで此方の事を知りました。そもそも作って食べるのが大好きな私はすぐ参加しようと思い今回初めてのウズベキスタン料理に申し込んだのです。 思った通りとてもボリュームがあって美味しいものが出来上がりました。しかも手順は簡単だし好い事づくめ!教えて下さったASAKOさんは丁寧でわかりやすく此方の質問にも快く答えて下さいました。今回作ったなかではノンが一番印象に残ってます。こんなパンの成形もあるんだと感心しかりでした。とても楽しかったので予定が合えばまた参加したいと思いました。
  • Nophoto
    Makiさん 2017-03 ノンの成形の仕方と、前にアゼルバイジャン人の同僚が作っていたピーマンの肉詰めとどこが違うのかを学びたくて、参加しました。印象に残ったのは、やはりノンですね。今まで自分一人で作っていたので、特別な器具を使わずにする成形の仕方、どうやって照りを出すのか、焼き加減など、とても参考になりました。目の前でやり方を確認してから、自分で実際に生地を触りつつ成形し、最後に形を見ていただいたので、よくわかりました。またピーマンの肉詰めもとてもおいしく、種の合理的な出し方や、調味料を色々入れなくてもおいしくなることも学べてよかったです。お茶請けの砂糖がけアーモンドと干したイチジクもお茶とおいしくいただきました。Asakoさんは、終始落ち着いて、予想外のことがあっても臨機応変に対処され、待っているだけの時間ないように進めていらっしゃいました。質問にもきちんと答えていただきました。現地でお料理を学ばれているので、現地に近い味を知りたかった私には、ありがたかったです。綿花模様のお皿、サモワールまであり、盛り付けも楽しめると思います。試食の量も充分でした。中央アジア料理が好きな方、中央アジア以外のお料理を体験されてきた方にお勧めです。複数でするので、お料理を作ってみたい方でも、あまりそれが得意でない方でも、できることをされればいいので、楽だと思います。それぞれに新しい発見があることでしょう。
  • Kumi
    Kumiさん 2017-03 中央アジアのお料理ってどんなものだろう、という興味と「時短」という言葉に惹かれて参加しました。当日はテレビ局の取材が入り、COOKのAsakoさんもHikerもちょっと緊張気味。ワイワイガヤガヤというよりは、静か~に始まりました(笑)最初に作ったアーモンドの糖蜜掛けがとても美味しく、Asakoさんから「つまみながらお料理を作っていきましょう」と声が掛かると同時に試食。口々に「おいしい!」「止まらなくなる!」との感想に、撮影スタッフもKitchHikeスタッフもポリポリ(笑)実際に他のお料理を作りながら摘まんでいました(笑)メインのプロフは具材を炒めて研いだお米の上に乗せてレンチンするだけの手軽さ‼味付けはシンプルですが、クミンの味がしておいしく、全員がおかわりしていました。今回は2合炊きのレンジ専用の容器を使ったのですが、ネットで750円くらいで売っているそうです。これなら炊飯器を持っていなくても手軽に作れますね。もちろん、炊飯器でも作れるそうです。最後にサラダを作ったのですが、味付けは塩のみ。でも、しっかり味がついていておいしいんですよ、これが‼トマトの切り方が独特で、角を削ぎ切りするように切っていくんです。中から出てくる種やトマトの汁もドレッシングの一部になり、材料の美味しいところを余すことなく使うというのもいいですね。はじめての中央アジア料理でしたが、身近にある材料でできるので、中央アジアに興味のある方だけでなく、炊飯器をお持ちでない方や炊飯器を買おうか迷われてる方、料理初心者の方でも気軽に参加できると思います。他のpop-upも上がっているので、ぜひ参加したいと思います❗
  • Ryuhei
    Ryuheiさん 2017-03 Pop-upのタイトル通り、中央アジアの料理に興味があり参加させていただきました。 今までも自分なりにプロフなども作ってはいましたが、電子レンジを用いたレシピがったとは大きな発見でした。とても勉強になりました。 アチチュクサラダは味付けが塩だけとは思えない仕上がりでとても美味しかったです。しかもレシピも簡単なので早速作ってみようと思います。トマトの回し切りも新発見でした。 Шашлыкのイベントにも参加したいと思います。今回はありがとうございました!
  • Haruka
    Harukaさん 2017-03 中央アジア料理は未知の領域で初体験でしたが、想像以上にシンプルで、身近な食材で簡単に美味しく作れて驚きました。 特別なスパイスや調味料が必要なのかな?味は独特なのかな?と思っていましたが、そのようなことはなく、とても親しみやすい味でした。特にプロフは肉と野菜の旨味がたっぷりきいていて、美味しかったです。クミンの香りも良かったです。 キビキビ進むお料理教室というよりは、ゆったり、まったり、楽しくみんなでお料理を作る雰囲気でした。休日のお昼時にゆっくりとした良い時間を過ごせました。
  • Kazuyo
    Kazuyoさん 2017-03 Asakoさんのプロフの味は現地と同じでした!それを電子レンジで作れるなんて驚きでした~。 会話も楽しくってまた参加したいです!
一覧へ戻る