3/25 (土) 11:00 ~ 13:00

上野 × ウズベキスタン

ウズベキスタンの家庭料理―ピーマンの肉詰めと平焼きパン

Asako
Asako さん タグ: #kitchhikeキッチン #みんなのキッチン #家庭料理 #ウズベキスタン #asako #中央アジア #3月
  • Badge blank
  • Badge reviews80DISHES
  • Badge officialcookOFFICIAL
    COOK

これはどんな料理?

ウズベキスタンの家庭料理のガルプツィ(ピーマンの肉詰め)とノン(平焼きパン)を作ります。ウズベキスタンをよく知らない方、大歓迎です!料理を一緒に食べて、胃袋でウズベキスタンを体験しましょう。

<メニュー>

●ガルプツィ (ピーマンの肉詰め)

野菜をたっぷり使って、スープ仕立てのウズベク風ピーマンの肉詰めを作ります。味付けは塩とクミンだけでとてもシンプルですが、野菜そのものの旨みが活かされた優しい家庭の味をお楽しみ頂けます。羊肉ではなく、牛肉を使いますので、羊肉が苦手な方も大丈夫です。

●ノン (平焼きパン)

ウズベキスタンで食べられるナンブレッドのような平焼きパンを作ります。チェキチと呼ばれるノン専用のスタンプを使って、パンに美しい模様をつけて焼きます。スプーンや指を使った模様の付け方もお教えします。

●ドライフルーツとナッツ

ドライフルーツとナッツは、ウズベキスタンの定番の食後のデザートです。今回はイチジクとアーモンドをご用意します。

●チャイ

ウズベキスタンのティーセットを使って、ゆっくりお話をしながら飲みましょう。ウズベキスタンのお茶の淹れ方も実演します。


ウズベキスタン料理は時間がかかるものや難易度が高いものが多いですが、今回は比較的簡単で短時間で作れるものをメニューに選びました。
一緒にウズベキスタン料理を食べて、少しでもウズベキスタンに興味を持っていただけたら嬉しいです!皆さんといろんなお話をしながら作って、食べて、飲んで、楽しく交流できることを楽しみにしています。

<開催場所>

東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG. 4F
https://goo.gl/maps/6cUngxJEHh22

紹介動画

みんなが投稿した写真 159枚

みんなのレビュー 33件

Seira

2017.11.07

中央アジア料理を教えていただきたく参加しました。
ロシア語堪能で、現地を訪問されたAsakoさんならではの興味深いお話を聞きながらの調理は大変楽しくあっという間でした。
完成したお料理もとても美味しかったです。
自分でネットレシピを漁るだけではわからない細かいポイントなども今後の参考になりました。
(たとえばトマト切り方や、あえて塩だけで仕上げることなど)
まだ別の機会には参加させていただきたいですし、習ったお料理をうちでも作ってみたいと思います。
ありがとうございました!

Kay

2017.10.21

KitchHikeには初参加だったのですが、本当においしくて楽しい時間を過ごさせて頂きました!中央アジア料理という言葉の馴染みのなさととかわいい羊の絵に惹かれて申し込んだものの、一体どんな料理なのか、またどういう方達が集まって来られるの???と思いながら行った所・・・ 

お料理は、怖いものみたさの期待をいい意味で裏切って、とても親しみやすいおいしさでした!最初のにんじんサラダは見た目はまったくのきんぴら風で、朝鮮半島から移住した人たちが持ち込んだキムチの影響の一品ということでしたが、辛さも匂いもとてもマイルド。日本の家庭の食卓にも登場しそうな感じでした。中央アジア風つくねは、今回は牛肉で作られたということで、こちらも人気の串焼き屋さんで普通に出てきそうな、すっと馴染める美味しさでした。

次にでてきたピロシキは、焼きピロシキでツナとトマト入り。日本でピロシキといえば油で揚げた肉入りのものが一般的と思いますが、かわいい小さ目のツナパンっていう感じでした。きれいな彩りのアチチュクサラダ(トマトときゅうりのサラダ)も、さっぱりとくせのない塩味。

中央アジア料理って意外と親しみやすいのねと思っている所に、豪華なプロフが登場!とてもいい匂いです。ところどころ骨がついた羊がゴロゴロ入っていて、そのうまみをご飯が全部キャッチして本当においしい!お米も、縦に淡い茶色の筋がはいった、ちょっと大麦風の特別なお米でした。ここで中央アジア炸裂か!っていう感じでもりもり食べちゃいました。羊の風味が単調に感じられてくると、合いの手にアチチュクサラダを一口。すると口あたりが爽やかになって、またプロフがすすみます。
そのあとデザートに甘いピロシキがどーんと出てきました。パン生地を編んだような素朴な形で、切り分けると中にリンゴ煮がはいっています。でも私はもうお腹がいっぱいで、食べられなかったのが本当に残念でした。

いらしていた方々はみんなフレンドリーで、ビールの助けもあって、初対面にもかかわらず、あっという間にお話が弾みました。「中央アジア上級者」的なお話あり、また日本の旨いもの世界の旨いものの話ありで、行きたい場所と食べたい物が一挙に増えました。

年代もバックグラウンドも違う人達と出会って一緒にごはんを食べるって、こんなに楽しいんですね。Asakoさん、織田博子さん、ご一緒させて頂いた皆様、どうもありがとうございました。

Yoshitsugu

2017.10.01

今回は、
・主催のアサコさん
・スクタリウともこさん
・オビドさん

から、中央アジア × ルーマニア料理を提供して頂きました。

ルーマニア料理も、中央アジア料理も馴染みがなかったのですが、
とても美味しく、また、海外経験が豊富なお三方のお話も聞けて、とっても勉強になりました。

美味しい料理が食べれて、勉強にもなる。
とってもオススメなので、ぜひぜひ、参加されてみて下さいね。

もっと見る

COOKの紹介

Asako

Asako

  • Badge blank
  • Badge reviews80DISHES
  • Badge officialcookOFFICIAL
    COOK

くわしいプロフィールをみる

こんにちは。Asakoです。中央アジアの料理が好きです。

◇中央アジアとは◇
中央アジアは、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタンの5カ国とその隣接した地域を指します。シルクロードの交易によって繁栄した地域です。

◇中央アジア料理とは◇
中央アジア料理の最大の魅力は、様々な文化圏の影響を受けながら発展したその独自性です。西から伝わった食文化、シルクロードの交易で伝わった中国料理、ペルシャから伝わった食文化、イスラームから影響の受けた料理、ロシアからの影響など、多種多様な食文化が混在しており、まさに文化の交差点・シルクロードを感じさせる料理なのです!
中央アジア料理の代表に「プロフ」と呼ばれる炊き込みご飯がありますが、実はこれはトルコに渡り「ピラウ」と名前が変わり、フランスに伝わって「ピラフ」となりました。日本人にも馴染みのあるピラフのルーツが中央アジアにあるというのは、意外なのではないでしょうか。
他にも興味深い中央アジア料理がありますが、百聞は一食に如かず!まずは一緒に中央アジアを食べましょう!

◇活動履歴◇
「おいしい中央アジア協会」代表理事。
https://www.central-asian-cuisine.com/
Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」会長。
https://www.facebook.com/groups/1543189439303932/?ref=bookmarks

ブログ「Asalhonの本格ウズベキスタン料理・レシピ」を更新中。
http://fanblogs.jp/uzbekistancooking/
外務省と制作した中央アジアの1分料理動画はこちら↓
http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/ca_c/page23_002183.html


料理をはじめたきっかけは?

ウズベク人の友人の結婚式に参加するためウズベキスタンへ飛び、そこで食べた料理のあまりのおいしさに感銘を受け、中央アジアの料理にはまりました。その1年後、再びウズベキスタンを訪問し、言葉があまり通じない中、ウズベク人の家庭でホームステイをしながら、ひたすら色々な料理の作り方を教わりました。

得意な料理のジャンルと魅力を教えてください

中央アジア料理が得意です。中央アジア料理は、トルコ料理に似ているけど香辛料がきつくない、中華料理にも見えるけど辛くない、どこかエキゾチックだけど、なぜか日本人の口に合う不思議な料理、それが中央アジア料理の魅力です。

ふだんはどんなお仕事をされているんでしょうか?

自動車業界で営業の仕事をしています。よく人から「営業っぽくない」と言われます笑 でも日々誇りをもって仕事をしています。

どんなHIKERさんに食べに来てもらいたいですか?

好奇心旺盛な人、面白い経験をしている人、食べること・話すことが好きな人、偏見のない人などなど、誰でも歓迎します!中央アジアに行ったことない人も、もちろん大歓迎です!

今後は、どんな料理やワークショップを予定していますか?

本格的な中央アジア料理を作ろうとすると、朝作りはじめたら食べれるのが夕方なので(笑)、なるべく普段家でも手軽に作れるものをご紹介したいです。私のPop-Upを通して、少しでも中央アジアに興味をもって頂けたら嬉しいです。

料理や食を通して、達成したい夢や野望はありますか?

たくさんの方に中央アジア料理を好きになってもらって、KitchHike内で中央アジア旋風を巻き起こしたいです笑

一覧へ戻る