3/25 (土) 19:30 ~ 21:30

二子玉川 × 手前味噌づくり

超貴重な国産有機無農薬麦麹で手前味噌を作ろう!(土曜の夜コース)

これはどんな料理?

麹の力でゆっくりじっくり旨味が増してゆくお味噌は、まさに日本を代表するスローフード。

自分で味噌を作るってけっこう大変そうですが、ゆでた大豆と麹と塩をつぶして混ぜ、容器に仕込んだら、あとは半年間待つだけなんです。

麹というと米麹が一般的ですが、今回は麹の香りが豊かな麦麹を使って作ります。
日本での自給率はわずか8%という大麦。さらに、無農薬有機栽培となると、自給率はなんとたったの0.4%なのだそう。そんな大麦を使った超・超・貴重な麦麹を取り寄せました! もちろん生麹です。
そして大豆も完全無農薬有機栽培。塩は瀬戸の海藻のミネラルと旨味が閉じ込められた花藻塩。

生麹は乾燥麹に比べて、できあがりのおいしさが格段に違います!

当日は、同じ生麹で手作りした醤油麹を使ったおかずと発芽玄米ごはんで腹ごしらえしてからお味噌を仕込みましょう。おひとり2キロ分の手前味噌をお持ち帰りいただけます!

土曜の晩の開催なので、土日にお仕事の方もお仕事帰りにご参加いただけます。

※2名以上で開催とさせていただきます。

持ち物;
・4リットル以上入るタッパーなどの容器(密閉できるもの)
・大きめのボウル(あれば)
・マッシャーかパイブレンダー(あれば)
・エプロン


紹介動画

みんなが投稿した写真 329枚

みんなのレビュー 187件

Miyuki

2017.04.07

レビューが遅くなり、すみません!
先日はありがとうございました!
初kitchhike、初手前味噌作りということで、ドキドキ緊張しておりましたが、Takakoさんをはじめ、他の参加者さん方とワイワイ楽しい時間を過ごさせていただくことが出来ました!梅雨と夏の時期を越すのが怖いですが(笑)、お味噌の出来上がりが楽しみです(*^^*)ありがとうございましたー!

Runa

2017.03.28

Takakoさんには今までいろいろvegan料理を教えて頂きましたが、今回はずっとやってみたかった「手前味噌づくり」ということで、楽しみに参加しました!今回はTakakoさんのご自宅だったので、おちゃめな小春ちゃん(愛猫ちゃん)のしぐさにみんなで大笑いからはじまりました~。味噌作りワークショップを始める前には、Takakoさんが、ささっとお惣菜を4品も作ってくださり、玄米ごはんとともに晩御飯の用意を頂いたのは幸せでした♪ 特にウドのビーガンマヨネーズあえは春の香りがしておいしかった。。腹ごしらえも完了して、いよいよ味噌作りです。
味噌作りの工程は簡単だけど、やわらかくした大量の大豆をペースト状にマッシュしていくのは地味で根気がいります。。が半年後の美味しい手前味噌を楽しみにがんばりました!超・超・貴重な国産かつ無農薬有機栽培の大豆と麦麹を取り寄せて頂いたのもtakakoさんならではのこだわりです(^^)
お土産には、なんと晩御飯の和え物にも使っていた「醤油麹」をしこんで瓶詰めしたものを頂きました!これから一日一度かきまぜて、1週間後に出来上がるとのことです。今から楽しみ~☆
VegetarianやVeganの方、そうでなくても環境や体を意識した食事を心がけている方にはtakakoさんのワークショップやお料理はおすすめです(^^) kitchhikeのベテランcookさんなので安心してお伺いすることができますよ!

Masako

2017.03.28

人生初味噌作りでした。大豆は茹でたものを用意して頂き、潰してペーストにする所からスタート。空気を抜きながらタッパーに詰めるのに苦戦しましたが、、、なんとか合格点をもらいました。6ヶ月後が楽しみです。
腹ごしらえに用意して頂いたお惣菜もどれも美味しく、自分でも出来る野菜満載のレシピは醤油麹が決めて、、、
お土産に醤油麹も頂き、とっても楽しかったです。ありがとう御座いました〜

もっと見る

COOKの紹介

Takako

Takako

  • Badge supercookSUPER
    COOK
  • Badge reviews411DISHES
  • Badge officialcookOFFICIAL
    COOK

くわしいプロフィールをみる

肉食大好きさんでもがっつり満足できるvegan料理&vegan sweetsを日々探究。週末は郊外で無農薬有機栽培の野菜を育て、メニューに取り入れています。


ヴィーガン料理について教えて下さい。

動物性食品を一切使わないのがヴィーガン料理の特徴で、肉や魚はもちろん牛乳も卵も使いません。よく混合されますが、ベジタリアンは卵や乳製品を食べますね。

ヴィーガン料理を作る理由は?

環境に優しく持続可能な食生活を送るためです。たとえば私たちが食べている牛を始めとする畜産動物の数はおよそ600億頭で、地表全面積の約30%が畜産で使用されているといわれています。実はそこから排出される二酸化炭素やメタンガスは、私たちの人間活動で排出される二酸化炭素よりも上回る量。そのため、環境汚染に拍車をかける食生活ではなく野菜中心の食生活をするようになりました。

無農薬野菜はどのように栽培しているのですか?

実はいま東京と郊外の2拠点生活をしていて、週末は茨城で有機無農薬野菜を30種類ほど栽培しています。夏にはナス、トマト、キュウリ、オクラ、シシトウなどがどっさり収穫できます。

料理以外に好きなことはありますか?

旅が好きです。結局料理と結びつくのですが、中東やアジアを中心に海外の現地食を20年以上食べ歩いています。珍しいところだと、ケニア、タンザニア、シリアなどに行ったことがあります。

お肉が使われていないメニュー。

2日間水に浸して発芽をさせた発芽玄米に、たっぷりのにんじんとクミンを加えて炊き上げます。

クミンをたっぷりTakakoさんのお料理。業務用なのでたっぷり使っても安心です。

カレーの具材のひとつに大根が使われています。

こちらもクミン!一度食べたらやみつきになる味です。

パクチー好きにはたまらないサラダ。もちろんこれも無農薬で栽培しました。

完成した料理を手にぱしゃり。素敵な笑顔です。

食後には豆乳が入ったチャイをいただきました。

東京では、某小さなバーで日替わり店長料理人をやることも。

一覧へ戻る