9/17 (日) 12:30 ~ 15:00

原宿 × ジャマイカ

たびころ×ジャマイカ編!アルタイルフード研究家とのコラボPop-Up!

これはどんな料理?

こんにちは!
旅とコロッケ、たびころオーナーのMarinです。
今回のたびころは、なんとジャマイカ編!中南米に突入!

いつも使用させていただいてる「原宿401」のキッチンオーナー、RIKOさんのご紹介で、
ジャマイカの「アルタイルフード研究家」アユミさんと、たびころがコラボさせていただくことになりました!
※歩さんや、アルタイルフードの説明はページの下記をご覧ください♪

なかなか異色で希少なコラボPop-Upになりますので、早めのご予約をお待ちしています!

【メニュー】

〇ラスタコロッケ
ジャマイカのハーブ、タイムや白身魚などをつかったさっぱりコロッケに♪どんなものかは食べてみてのお楽しみ!

その他フィッシュティー(お魚料理)やポンキンライスなどなど。
あゆみさんオリジナルなアルタイルフードたちを
現在企画中!決まり次第、更新していきます!



※遅刻・早退可能です。お気軽にご連絡ください。
またアレルギー・苦手なものなどありましたら、
事前にメッセージでお知らせくださいね♪



ジャマイカといえば陸上のボルトと、レゲエが有名ですが
あまり知らない方も多いのではないでしょうか?
ジャマイカ食も気になる方、ぜひぜひお待ちしております!


※たびころシリーズは国・地域をかぶらないように、
全てが一期一会で企画しています。
ジャマイカ編もこれが最初で最後だと思うので、
奮ってご参加くださいね。


=================================

★「アイタルフード」ってなに?
ジャマイカの『ラスタ』の人々が食べる自然食のことです。
語源は英語のvital=「生命、元気がでる」のジャマイカ訛りだと言われています。

★iYUMi(アユミ)さんってどんなひと?
実は元グラビアアイドルという過去をもつアユミさん。当時からラスタに憧れ、隠れてドレッドを編んでいたそう。事務所の社長さんに「ドレッドを取るか、芸能界を取るか、いまここで決めろ」と迫られ迷わずドレッドを選択、ジャマイカへ渡りました!
1994年、ラスタマンとの結婚を機に本格的にジャマイカへ移住。
ジャマイカの民間療法リンパティック・システムを提唱するドクター・バガのもとで学んだことを活かし、当日はみなさんに「アイタルフード」を元気いっぱいご用意します♪

★「ラスタ」ってなに?
ジャマイカの労働者階級と農民を中心にして発生した宗教的思想運動。
ラスタを実践する人々は、「主義」(イズム、-ism) ではなく「人生観」(way of life) と考えるため、ラスタファリ運動 (Rastafari movement) と表現される・・・とwikiが言っていますが、
実際のところはぜひアユミさんに直接教えてもらってください!

===
iYUMi(アユミ)さんプロフィール
1972年、東京生まれ。都立の定時制高校中退。
1989年、「モモコクラブ」(桃組会員番号3020番)で芸能界デビュー、人気投票で8位となる。グラビアアイドルのはしりとも言える「ハイレグクラブ」でも活躍、「週刊プレイボーイ」「すっぴん」などの紙面を飾る。アイドル時代から好きなミュージシャンはボブ・マーレーとプロフィールに書くほどラスタへの憧れが強く、隠れてドレッドを編んでいたのを事務所の社長に見つかり「ドレッドを取るか、芸能界を取るか、いまここで決めろ」と迫られ迷わずドレッドを選択、ジャマイカへと渡る。
1994年、ラスタマンとの結婚を機に本格的にジャマイカへ移住。また、ボブ・マーリーが残したスコッチパスのナイヤビンギセンターで敬虔なラスタ生活を送り、民間療法リンパティック・システムを提唱するドクター・バガのコミュニティで、アール・チナ・スミス、オーガスタスパブロ、ヤミボロ、ジュニア・デルゲート、シュガー・マイノットなどのミュージシャンと共に過ごす。
2004年に再婚。子育てをしながら自宅兼ゲストハウス「ビンギハイツ」を手作りで建てる。2010年、家族とともに帰国。2014年、夫バンディが先天性の奇病「プロテインC欠乏症」を発症し、43歳の若さで逝去。2015年、最初の夫・ブルースも亡くなる。現在は一男三女の4児の母として、女手ひとつで子育てに励みながら、日本流のラスタ生活を送り、リンパティック・システム日本支部として、ドクター・バガの健康法を広めている。雑穀マイスター、ベジタブル&フルーツ・アドバイザーなどの資格を持ち、日本で手に入る食材を使ったアイタルフードの普及に務めている。

さらに現在、iYUMi主演のラスタ・ドキュメンタリー『シスター・ジャップーーラスタを生きる女』(東京キララ社)が製作進行中。

みんなが投稿した写真 265枚

9/17 (日) 12:30 ~ 15:00

終了しました

ボタンを押すとどうなるの?

  • Yumiko さんのプロフィール写真
  • Arima さんのプロフィール写真
  • manami さんのプロフィール写真
  • Michiko さんのプロフィール写真
  • hideo さんのプロフィール写真

6/10 人

大きな地図で見る

Marinさんにリクエストを送る

日時や詳細を相談(ログイン)

みんなのレビュー 36件

manami

2017.10.20

雨の中の原宿なのに、お家の中はジャマイカのように晴れていた楽しいひと時を皆で過ごせました。まりんさんのコロッケとても美味しくて、その後も私はコロッケ作りに励んでます、、。笑
ラスタウーマンのあゆみさんのフィシュスープもすの後も真似て料理しました。さらに自分のレシピも増えて嬉しいです。人生ital,vtal,ナチュラルに近い食事、心がけたいです!!まりんさん、あゆみさんのアフリカジャマイカ話も聞かせていただき、ありがとうございまーす。

hideo

2017.10.19

・知り合いがこのイベントに「興味あり」で知りました。ちょうど上京しているタイミングで、ジャマイカ料理のランチに惹かれました。
・コロッケもポンキンライスもおいしかったでぇ~す。
素敵な出逢い、楽しい会話、美味しいお料理で貴重なひと時をすござせていただきました。
有り難うございます。

Yumiko

2017.09.17

Marinさんのコロッケがら食べたくて以前からチェックしていました。今回は、ジャマイカのお話も聞けるとの事で参加致しました。
初めて食べるジャマイカ料理はどれも美味しく、アユミさんのジャマイカのお話や、クックのMarinさんのルワンダのお話もたいへん楽しく聞かせていただきました。
全て心のこもったお料理で美味しくいただきました。
アフリカや海外生活に興味のある方はオススメです。
機会があれば、また、ぜひ参加したいです。
Marinさん、あゆみさん、ごちそうさまでした。ありがとうございます。Yumiko

もっと見る

COOKの紹介

Marin

Marin

  • Badge blank
  • Badge reviews113DISHES
  • Badge officialcookOFFICIAL
    COOK

くわしいプロフィールをみる

English/Japanese abailable :)

コロッケ屋の娘であり、
現役大学生COOKのMarinです。
半年間ほどKitchHikeでインターンもしていました!
あだ名はぽんなので、ぽんちゃんとお呼びください!

実家が創業60年のコロッケ屋で、
小さいころから食べることが大好きでした。

去年大学を休学して、アフリカのルワンダという国で
半年間飲食店経営のインターンシップをさせていただいたことをきっかけに、料理にハマりはじめました。
他にも15ヵ国くらい旅しています。今年はどこにいこうかな。
まだまだ未熟ですが、温かい目で応援していただけたら嬉しいです。

現在は、「たびころ」という企画で、
世界・日本各地をテーマにコロッケを揚げています。
コラボしてくれる方も大募集中です!

「おいしいごはんは世界をつなぐ」
同じ食卓を囲んで、おいしい料理をたべながら
素敵な人たちと繋がるのを楽しみにしています!


料理をはじめたきっかけは?

もともと小さいころから家がコロッケ屋さんだったので食べることはだいすきだったのですが、本格的に始めたのは去年ルワンダのレストランで働いた時です。
言葉も価値観も肌の色も違う人といっしょに働く中で、距離を縮めてくれたのが「料理」でした。
この食材はどうやってつかうの?このレシピは?
教えたり教えてもらって、できたものをいっしょに味見して。
その過程がとても楽しかったのと、ちょっとの分量や温度で味が全く違うものになる料理の不思議にのめり込んでしまいました。

得意な料理のジャンルと魅力を教えてください

コロッケ!ですね。家が揚げ物屋さんなので。
コロッケって本当に何でも合うんです。
最近はチョコレートコロッケなんてものが出てくるほど。
これ、コロッケに入れてみて欲しい!って食材教えていただけたら喜びます!

ふだんはどんなお仕事をされているんでしょうか?

大学5年生です。国際系の学部でアフリカを専攻しています。

どんなHIKERさんに食べに来てもらいたいですか?

自分の知らない世界にわくわくできる人!
日本にいながらも旅を感じてみたい人!

料理はまだまだ勉強中で、皆さんみたいに専門知識はないのです。だから、プロの味を求める方には合わないかもしれません。
でも世界での旅の経験や、実際にその国に精通してる人をアシスタントで呼んでいるので、食べ終わったあと旅に出たくなるような経験を提供します。

料理や食を通して、達成したい夢や野望はありますか?

「世界食堂」というお店をオープンさせるのが夢です。

国籍も性別も見た目も宗教も、違いを全部超えて、
同じテーブルを囲んでおいしくみんなでごはんが食べられる場所をつくりたい。
今はKitchHikeで修行中です。

たびころルワンダ編です。
キャッサバ芋をつかったウガリコロッケと、ブロシェット(牛串焼き)やアスサ(ごろごろ野菜のトマト煮込み)などのルワンダ飯をつくりました。食後にはルワンダコーヒーとルワンダ産マカダミアナッツのクッキーを!

ルワンダでは、飲食店の経営を学ばせてもらっていました。
ASIAN KITCHENという大人気レストランです!

おじいちゃんがはじめて、創業60年のうちの店です。
いまは両親を中心に経営しています!
東急東横線沿いの祐天寺駅から徒歩2分!近くにきた際はぜひお立ち寄りください!

▼父が頑張って更新しているFacebookページ▼
https://www.facebook.com/yutenji.fukuya/?fref=ts

たびころ〜タイ編〜では、ガパオコロッケを。
うずらのたまごの目玉焼きを乗せて、バジルとひき肉がたっぷり入ったミニガパオ風に。

こちらは韓国編。キムチコロッケだけでなく、毎回その国の料理も出すようにしてます。ビビンバやミョック、ホットクをふるまいました!

たまに大型のフードイベントも。これはゴールデンウィークに開催した「レインボーイベント」の写真!

一覧へ戻る